2020-06-11

方寸クオリティ!

手洗用の単水栓、洗面用の混合栓を含め、エッセンスでは色々なキャラクターの水栓がありますが、今回のピックアップは水栓の「ハンドルの位置」です。

一般的なのは 1、本体の上部(ヘッド) 2、側面に付属、というのが力点的にも無理のない形状で納得の多数派。

ハンドル位置

でも! 取付位置や鉢器との相性とかで「あ”ーー、カウンターが(涙 」と、使用後の水の飛び散りに苛立つ事ってありませんか?(私はしょっちゅうあります。特に「掃除してくれない人」の使い方が遠慮ないよ) 人工大理石などケミカルな素材ならまだしも、こだわりの天然素材よ!ですとそのまま放置もできないし‥。

ということで。 今回ご紹介するのはハンドルが 3、吐水位置に付いている 型です。

単水栓 横方寸

方寸(ほうすん)単水栓  立型、横型(長・短)があります。※3色展開

単水栓 方寸 色見本

方寸の特徴は何と言っても「ハンドル位置」です。 手洗いはもちろんハンドル開閉まで、所作が鉢器に収まるような考え方でデザインしています。 つまり。 手洗い後の濡れた手を無邪気に振りまくらない限り、カウンターへの水はねを防ぐことができる、という事なのです。

そんな地味なことをわざわざ力説するのか!?と思われるかもしれませんが、ココ、すごく重要です。

大切なことなので2回言います。「タウンターの掃除を減らしたいなら 先っちょハンドル型 です!」

そしてもう一つ。

閉めるとき、ハンドルに無意識に水をかけたりしていませんか?

特に今。誰しも気を付けますよね、細菌はもちろんウイルスの付着。 ちょっと水をかけたい気持ち、すごくよく分かります。

方寸 実証

流しましょう。

方寸は大丈夫です(といってもブラス色、ブロンズ色のエイジングは進むと思われますが)。そして、水の飛び散りが抑えられる方寸ならカウンターも大丈夫です。 手洗いは気持ち良くどんどんいたしましょう。

画像/全体の印象に比して泡沫部品が小さめなので吐水束がシャープです。(泡沫なので跳ね返りも大丈夫)

今更ですが「方寸」の名称の由来。ハンドルの回転部品(といっても方寸の場合はここが「本体部」になります)は合金バー材を切削して製作していますが、ちょうど一辺一寸(3cmくらい)の立方形から整えたようなサイズ感なので「寸の方形」=「方寸(ほうすん)」と名付けました。

単水栓 立方寸 ブラス

 

エッセンスの水栓で「先っちょハンドル」はもう一型あります。ロングセラーの「豆栓」です。 方寸とは見た目の個性がかなり違いますので、お好みでお選びいただければと思います。

単水栓 豆栓

先っちょハンドル、オススメですよ。

 

追記/

水が飛び散らないように優しく手洗いをするご家庭、環境でしたら、もちろん全てのタイプからお選びくださいね!

 

関連記事