2020-05-28

スタジオ再開です

緊急事態宣言の「居残り組」だった神奈川県ですが、不安を抱えながらも解除の運びとなり、5月30日(土)より横浜スタジオの営業を再開することにいたしました。 営業時間は通常通り11時より18時まで。火・水・祝はお休みです。

まだ油断は禁物ですが、マスクや消毒、換気など対応策の併用でしばらく様子を見ていきたいと思っています。

スタジオのある横浜が以前の活気を取り戻すのにどれ程の時間を要するのか、そもそも今後の社会のあり様がどう変わっていくのか。こんな時だからこそ、今できることや「良いと思えること」を前向きに試行錯誤して、結果として今回の禍が少しでも「立ち止まって考えるきっかけになった」スタンスに、社会が変わっていくことを望んでいます。

 

横浜は歴史の観光資産と風情をたくさん持っている観光地です。

山下公園には氷川丸という重文の貨客船が係留(引退してもう50年以上同場所にあるらしい)されていますが、王道すぎて既に「景色」扱い的な‥  あと10年もすれば百歳にもなる歴戦の猛者であり女王様でもあります。外観にも風格が漂いますが、内装も味わい深いので少しご紹介。

レトロ感満載の客室や、コンパクトなのに美しい、全てに丸みのある洗面パーツ。

日本でのコロナ禍スタートが横浜港に寄港した客船でしたので、今は少し「船」のイメージがマイナスかもしれませんが。

年季の入った真鍮の表情。

美しいエイジングです。

 

 

機関部は駆動萌には眼福。

 

 

 

 

一つ一つの部品の細部に歴史が宿り風格を感じます。「働いてきた」部品達独特の存在感。

エッセンスのプロダクツも半世紀後くらいにこんなふうに言われたい‥

 

船つながりで。もう一つ。

中華街では「関帝廟」(商売繁盛系?)が有名ですが、もう一つ「媽祖(まそ)廟」をご存知ですか? みなと横浜にふさわしい海の安全を守る媽祖を祀っています。 航海を護る海の神様、自然災害や疫病・戦争・禍から人々を護る女神様として華僑の人々に信仰されています。

今これからの時代にこそニーズを感じる(笑)神様ポジションですね。

「関帝廟」より空いていておすすめです。

 

 

皆様のお越しをお待ちしていますね。

 

 

 

 

 

関連記事